000000
Apple Tennis なんでも掲示板
[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

ダブルス経過 投稿者:野田 投稿日:2004/02/09(Mon) 14:21 No.463  
皆様、

土曜のダブルスは大変お疲れ様でした。Bクラスとはいえ、私はなんとか2回戦を突破し、(1回戦の今季初勝利はうれしかったです)今週は準決勝に臨みます。

やはりフォアハンド改造の成果は大きく、とくにリターンから思い切って振りぬくリターンを試みました。確率はまだまだですが、(いわゆる、“ふかす”ショットがまだ多い)気持ちに余裕ができ、従来のような“入れていく”ショットでなく、思い切って気持ちよく試合ができました。また、つき球についても相手に“打たせる”というよりも、相手を“押す”ということができたと思います。

したがって、今までと全く違った余裕が試合中に生まれたと実感できました。

あとはファーストサーブがきちんと思ったようなところに入ったという点もプラスでした。

今週も頑張ります。

野田



アップルユニフォーム 投稿者: 投稿日:2004/02/03(Tue) 16:16 No.460  
アップルのユニフォームを新しく註文する予定です。
3月のクラブ対抗戦に間に合えばいいのですけれど、ぎりぎりかな。以前、森奥様がコンタクトしていた業者は行方不明の様なので、今回は別のところです。デザインは一緒、生地は上質、価格は相談(メンバー負担は$10.00メド)。
サイズ、枚数お知らせください。今週の金曜日に正式発注します。今回はTシャツだけです。



Re: アップルユニフォーム 飯田 - 2004/02/04(Wed) 10:19 No.462  

XL 1枚お願いします。
飯田



今後、試合のスコアーを記録してみませんか? 投稿者:飯田洋史 投稿日:2004/02/02(Mon) 18:35 No.458  
ふと、思いついた事ですが提案させていただきます。

あくまで、自分の体験談ですが。。。。
前回、12月の始めに2組に分かれて対抗戦をした時がありましたよね。
あの時、私はいつもより少しだけですが「勝ち」を意識して試合に臨みました。
普段のApple(形式)だと、試合で自分が失敗しても何の反省もせずに、今後に活かされていないような気がしています。
今後、少しでも向上していくためには、僅かでも意識を変えていかなければなりません。

スコアーをつけるというのは、別に競争するのが目的ではありません。
ただ少しだけ、自分のプレーを意識する様に心がけるためのきっかけとしたいだけです。
サービスはキープ出来たか?
レシーブは出来たか?
ダブルフォルトが無かったか?
とかいろいろあるじゃないですか。

メンバーが少しづつでもステップアップ出来たら、みんながもっとテニスを楽しむことが出来ますよね。
みんなで、小さな「自己啓発」を始めてみませんか?

皆さん、ご意見をお聞かせください。

飯田



Re: 今後、試合のスコアーを記録してみませんか?  - 2004/02/03(Tue) 13:23 No.459  

記録をとっておいて集計すると新しい発見が出来るかも知れませんね。どの様に記録するかの案も皆さんで出し合いましょう。飯田さんのアイデアは?


Re: 今後、試合のスコアーを記録してみませんか? 野田 - 2004/02/04(Wed) 03:26 No.461  

スコアは間違いなく有効です。私が高校のテニス部の監督をしておりました当時は、選手の全ての試合(部内戦を含む)についてスコアをつけました。ファーストサーブの確率、一試合で何本フォアをミスったか、ダブルスであれば何本リターンをミスったか、ファーストボレーをミスったか等々、一発で自分のプレイを客観視できる資料が手に入ります。とても楽しいですよ!


超上級者からのアドバイスの意義 投稿者:野田 投稿日:2004/02/02(Mon) 12:46 No.457  
先月からの試合出場(ただしご存知の通りの惨敗続き!)、週末の練習を通じて、昨年のプレイ時間合計5時間の体たらくから脱し、だんだん身体も心もテニスとは何ぞやということを思い出しつつあります。特に、この際だから根本からやりなおそうという意志で徹底的に新しい技術を身に付けようという発想は悪くなく、新しいテニスの楽しみが分かりつつあります。重ねて、昔身に付けた基本的なことを思い出す良いきっかけにもなり、テニスの面白さを再発見しております。

昔身に付けた基本については、現在でも通用するものと通用しないものに自分の中でしっかりと分けて(この“分ける”作業において上級者のアドバイスが必要となるわけです。自分では自分がどうやってプレイしているかぜんぜんわかりませんからね。しかも、上級者でかつ最新のテニスを理解している人のアドバイスでないと殆ど意味が無い。。。)その上でいろいろな技術を身につけていくことが必要であることを実感し、超上級者のアドバイスを聞く事の楽しさを初めて知りました。

野田



リターン 投稿者:野田 投稿日:2004/01/26(Mon) 13:38 No.450  
リターンについても一言。とくにダブルスの場合、ある程度レベルアップしようとするのであれば、バックもフォアもリターンはスライス“以外”で打てるようにすべきでしょう。要は、相手がファーストボレーしにくいリターンしか打ってはいけない、ということです。一人が後ろ、一人が前の陣形の場合でも、レベルが上がってくると、スライス系のリターンはすべてポーチされると見てよい。一回戦突破のレベルで留まるか、それとももっと上を目指すかによって違いますが、どんなに良いサーブでも、ダブルスでは“打っていく”リターンが必要である、ということです。

わたしも今後は全てこの方針で練習をします。




Re: リターン 飯田 - 2004/01/30(Fri) 00:23 No.451  

ダブルス、リターン共に具体的でかつ、わかり易い解説をしていただき本当にありがとうございました。
自分も反省することばかりです。
これまでは、「自分が楽しめるだけでも良い」なんて気持ちもありましたが、自分が技術的に向上できたらこれまで以上にテニスが楽しくなるんだと思います。
あと、体力も大きな武器ですよね。
日本クラブの試合でも、一試合やっただけで「もう余力無し」になってしまいます。
本当に反省することばかりですが、いつか「強くなったね」と言われるように頑張っていこうと思います。

P.S
皆様もこの「技術向上フォーラム?」にご意見、ご感想をどんどんお寄せください。



Re: リターン : で,野田さ〜ん!   e.mori - 2004/02/01(Sun) 22:35 No.452  

日本クラブのテニスシーズンで、Appleも出席率が高く,盛り上がっていますよ! 
で, 野田さんの”直接”のご指導を所望する声が高まっています。
この掲示板でのご意見、ご指導も嬉しいのですが----
日曜の朝は,きついですか?  Morning Call 承りますが!---?



Re: リターン  - 2004/02/02(Mon) 09:01 No.453  

昨日、練習後の集まりで野田さんと飯田さんとのHPでのやりとりが話題になりました。みんなが読んでいます。
お忙しいでしょうが、これ続けてくださいね。



Re: リターン  - 2004/02/02(Mon) 09:01 No.454  

昨日、練習後の集まりで野田さんと飯田さんとのHPでのやりとりが話題になりました。みんなが読んでいます。
お忙しいでしょうが、これ続けてくださいね。



みなさま、有り難うございます 野田 - 2004/02/02(Mon) 12:17 No.455  

皆様、暖かいお言葉を頂戴いたしまして本当にありがとうございます。森さん、わたしは日曜の朝は最近は大概眠っております。普段の業務のストレス発散(笑!)のため、土曜の晩は思い切り羽を伸ばすことに時間を充てておりますためです。すみません。。。日曜の朝は今のところ難しい状況です。。。

先週土曜も超上級者にご指導を賜りました。まずはバックハンドからです。要するに“最近の打ち方”に改造するという計画なのですが要点は以下のとおりです。

1) オープンスタンスで待ち、右足のひざを曲げて待機。このひざの曲げをいい加減にするとダメです。その体勢で上半身をひねる(これが結構しんどいです。)

2) ボールが来たらラケットの面の斜め下から斜め上に向かってボールにトップスピンをかける。

3) フォロースルーは“左”に向かって思い切って振りぬく。昔の打ち方のように上に振りぬくのではなく、あくまで左に振りぬく。この際に身体も一緒に左に向かって回転させる。昔のように身体の横向きを保つことは全く不要である。

言葉ではお分かりになりにくいとは思いますが、これを忠実に再現すると、今テレビでよく見るプロのフォアのようなフォームに近くなります。身体の小さいわれわれほど、レベルがあがって強いボールを打つ人と対戦する場合にはこのようなうち方が必要になるという、きわめて合理的な発想によるものです。頑張ってフォア改造をめざします。

ボレーですが、わたしの場合、フォアハンドボレーは問題なし。バックボレーはビビッて打っているのでフォロースルーが前方へ長く伸びていないことを指摘されました。とりあえずミスするかしないか関係なく、フォロースルーを前方へ長く、をやってみると、これがなかなか気持ち良く打てて良いです。

それからボレーはリズムが大切、そして一球打ったら直ぐ構える、ということでリズムが保てると言われました。そういえばそうだった!と思い出しました。最近は“直ぐ構える”という言葉すら忘れていましたので(笑)。

次回からはサーブ、バックハンド、そしてリターンを徹底的に直すつもりです。フォアについてはとにかく打ち込んで体に正しいフォアを覚えさせればおそらく近々改造が終了できると思います。

野田



バックではなくフォアの間違いです。 野田 - 2004/02/02(Mon) 12:18 No.456  

まずはフォアからです。間違えました。バックは次回です。


ダブルス 投稿者:野田 投稿日:2004/01/26(Mon) 13:34 No.449  
皆様、

先週末は、自分と比較して100段ほどレベルが上の方にご協力をいただき、ダブルスの練習を致しました。わたくしの至らぬ点を以下列挙いたしますので皆様の参考になれば幸いです。

1) 先日から申し上げておりますが、サーブ力が無い。
2) リターンがヘタクソである。
3) ファーストボレーが出来ない。
4) ファーストボレー以外のボレーを打つ位置が後ろ過ぎる。

まず1)ですが、これは前回も申し上げたとおりです。そこで特にダブルスの場合問題になってくるのが3)です。サーブ力が無い=相手が楽にリターンしてくる=ファーストボレーがやりにくい。=ファーストボレーをミスる。

という悪循環に陥るわけです。これを克服する方法は次の2通りであると考えます。

1) サーブを良くする。(これはかなり難しい)
2) ファーストボレーを打つ位置を後ろ目にする。

つまり、良いリターンに対して後ろ目でファーストボレーを打つ準備をきちんとしておき、ある程度余裕を持ってファーストボレーを行なうようにする。

実は、毎日のように練習していると、“走りながら”打つ、理想的なファーストボレーができるのですが、サーブ力もなく、足も動かず、かつボレーの技術も低下している現状を鑑みると、サービスラインの後ろくらいで止まって、身体を横向けにする心の準備(笑)をしておき、その上で相手のリターンをよく見極めて打つ、ということが必要であろうという結論に達しました。

また、逆に、ファーストボレー以外のボレーを打つ場合ですが、これも基本中の基本なのですが、できるだけ前に詰めてネットの近くで打つ。これを忘れていました。もちろん、ロブに備えておくことも必要ですが、相手がうつボールを良く見て、これはロブじゃない、と思った瞬間にパパッと前につめることを忘れておりました。どうりでボレーが決まらないわけです。

ということで、上手く行かない原因は、体力、技術を進歩させることに加えて、基本をよく思い出すことだということを認識いたしました。

野田



技術的な問題 投稿者:野田 投稿日:2004/01/21(Wed) 14:35 No.447  
飯田さん、

有り難うございます。テニスはとても難しい競技ですが、それだからこそ上達の楽しみも大きく、それが多くの方を離さないテニスの魅力なのだと思います。

今回試合をしていて感じたのですが、以前と違ってサービスでポイントを取る=リターンミスを誘う、ということが殆どありませんでした。これはまさしく練習不足と筋力低下によりサーブ力が低下しているからに他ならず、以前でしたら1ゲーム中何ポイントかは相手がリターンをミスってくれたのに、今ではそれを望むべくも無い状況です。ということは、以下の2点が必要である、ということだと考えました。

1) サーブ力を再度強化する。これは回転を含めた威力だけでなく、確率(とくにファーストサーブ)とコントロールを加味して考える必要があると思います。威力を再生するなら筋力アップとフォーム改良が必要になるでしょう。

2) リターンが必ず返ってくることを前提として練習する。これがあたりまえのようでなかなか出来ません。とくにリターンが返ってきた次のショット、要するに“3球目”というヤツですが、これをフォアハンドできっちり相手の嫌がるところへ返せるか、という練習が必要であると考えます。(これは得にシングルスで必要)。

以上を鑑みますと、常に一定レベルを保つには、サーブの練習といいますか、常にサーブを“工夫”することがとても大切だと感じております。(特に筋力が落ちた後ですが。)みなさまも普段の練習からサーブを打つ本数を増やしつつ、コース、スピード等いろいろと工夫なさってみては如何かと思います。

野田



Re: 技術的な問題 飯田洋史 - 2004/01/22(Thu) 00:13 No.448  

大変、ためになりました。
しっかり頭に叩き込んでおきます。
まだ、野田さんのレベルにはほど遠い自分ですが、お聞きしたいことは山ほどありますので、今後も相談にのってくださいね。

日本クラブを目前にして、自分でもとにかくダブルフォルトをしない(減らす)事と、極力センターとサイドに打ち分けるよう心がけようと思いはじめました。
この文を書きながら、今後の課題が頭に浮かんできました。

それと、このホームページをとおしてこのような技術的な話が出来た事を(サイト管理者として)大変嬉しく思います。

では、今後も宜しくお願いいたします。

飯田

P.S
他のメンバーの皆様もこの「技術向上フォーラム?」にどんどん参加してくださいね。。。。



1月日本クラブ大会 投稿者: 投稿日:2004/01/19(Mon) 17:15 No.440  
参加者、応援の皆様、お疲れ様でした。
ミックスダブルスの結果は野田/さちえペアが(Bクラス)コンソレ優勝、加賀/りつこペアが(Aクラス)コンソレ準優勝、
佐藤ペアはもう少しでした。
2月は男子ダブルスと女子ダブルスです。3月のクラブ対抗に向けて腕を磨きましょう。
応援も楽しいけど、参加した方がもっと楽しいです。



Re: 1月日本クラブ大会 野田 - 2004/01/20(Tue) 16:01 No.441  

里さん、

応援を戴き誠に有り難うございました。ご期待に沿えず誠に失礼をいたしました。やはり長い間テニスから遠ざかっており、勝つための執念のようなものがどこかへ行ってしまっていたようです。お恥ずかしい限りです。

とはいえ、男子ダブルスも控えており、このままではいかんと思い、昨日は練習に行きました。

驚くべきことにボレーの時に身体を横に向ける(これはほんの気持ち程度なのですが)ことを忘れていたり、基本的なことをすっかり忘れている自分に気がつきました。やはり、どなたかに指摘されないことにはこのような基本的なことでさえ気がつきません。人間の愚かさと申しますか、奢れる者久しからずということを実感しました。とくにボレーは、球出し程度の練習になれてしまうと、ついつい身体は前向きのまま手で打つクセがついてしまい、身体、とくに腹を使ってうつ本物のボレーを軽視しているうちに忘れてしまう、ということになったようです。他にも同様に忘れている点がたくさんあると思いますが、わたしの場合、幸いにも基本的なことは昔はできていたわけで、それを“思い出す”ことが必要だということが分かりました。

ただ、グランドストロークについては、われわれの知っている“昔”の打ちかたと、現代の“効率的な”打ち方は全く違うものであり、とくにフォアハンドについては近代的な効率的な打ち方(最近のプロがやるような身体を回して振り切るうち方)に徐々に変更していく必要があることを実感しております。(実際、筋力が無い場合は、昔ながらの打ち方よりも最近流行りの方がずっと楽です!)老いては?子に従え、と申しますか、やはりいつまでも古いものにこだわっていることは損でありましょうし、何より“面白くない”わけで、新しいことを身に付けることの楽しさをこれからはテニスを通じて学んでいければ、と考えております。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

野田



Re: 1月日本クラブ大会 e.mori - 2004/01/20(Tue) 17:11 No.442  

野田さ〜ん:
応援には、行けませんでしたが、野田さんの文章を読んで、感動しました。
お人柄が感じられます。 とっても真摯な文章ですね。
日本クラブのダブルスの、反省会では、最優秀賞です!
私も、野田さんのように、初心、基本,忘るべからず!でこれからもがんばらなきゃ! と思いました。

emi mori



Re: 1月日本クラブ大会 飯田洋史 - 2004/01/20(Tue) 23:18 No.445  

野田さん、ありがとうございます。
我々も、今のままではいけないと思っています。
何か個人々でテーマを持って、それを実行していかないと、このまま向上していかないような気がしてます。
例えば「自分のサービスをキープする」とか「ボレーミスを少なくする」とか簡単なテーマで良いのだと思います。
私自身の反省ですが、今後はミスしたらなぜミスしたのかを少しでも考えるようにしていこうかと思います。



Re: 1月日本クラブ大会 福井りつ子 - 2004/01/21(Wed) 14:20 No.446  

里さん、野中さん、いずみちゃん、お忙しいところ試合の応援にきて頂き有難うございました。次の女ダブまで少し有りますので、
ボレーを集中して練習したいと思います。里さんのおっしゃる通り、試合にでるのも楽しいですし、応援も楽しいですから、Apple
からも沢山の方が試合に出ていただけるといいなぁと思います。

野田さんのテニス日記には共感するところが沢山です。先日は久しぶりに練習ができてよかったです。もっとAppleに来てね。



無題 投稿者:野田 投稿日:2004/01/14(Wed) 16:15 No.439  
里さん、

ご返信ありがとうございました。実質1年間テニスから遠ざかったわけですが、やはりテニスに対する“意気”を甦らせることが先決であると認識いたしました。今週末はさちえさんに迷惑がかからないようなプレイを心がけたいと思っております。

野田



日本クラブの一月大会 投稿者: 投稿日:2004/01/09(Fri) 16:43 No.436  
明けましておめでとうございます。
昨日、帰国しました。
明日のテニス大会のアップル参加者は:シニアダブルス(佐藤、杉浦(ゲスト)、混合ダブルス(A)(加賀、福井)(B)(野田、山影)の三チームです。
頑張ってください。

私は明日夜に会社の新年会があるので、終わり次第応援に行きます。



Re: 日本クラブの一月大会 野田 - 2004/01/12(Mon) 12:22 No.437  

皆様、

土曜日はせっかく里さんが応援にいらしていただいたにも関わらず、わたしは早々と敗戦しておりました。申し訳ありませんでした。昨日もビンガムトンに練習に参りましたが皆様には新年のご挨拶もせずに誠に失礼を致しました。

土曜はシングルB(Aではありません!)で出場しましたが、2003年の日本クラブ団体戦以降の合計テニスプレイ時間およそ5時間という練習不足、と申しますか、“体たらく”がそのまま試合結果に反映され、初戦4-6で敗退しました。体力、とくに足の力が最後まで持ちませんでした。ただ、試合自体はとても楽しく矢らさせていただきました。今年はもう少しテニスをやらねばと考えておりますが、この意気がどこまで続きますやら。。

皆様とまたご一緒させていただく際には何卒宜しくお願い申し上げます。

野田



Re: 日本クラブの一月大会  - 2004/01/14(Wed) 14:31 No.438  

野田さんの試合見られず残念でした。
応援してたら勝てたかも。
今週はさちえさんペアですね。あれから練習しましたか?
今度はちゃんと応援にいきます。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Home -